忍者ブログ

医療保険マニア

Home > 未選択

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終身型の医療保険

終身型の医療保険というのは、保障期間が一生涯続く医療保険をいいます。医療保険というのは高齢になればなるほど、必要性が高くなってくるはずです。とくに65歳以降に入院する可能性が高くなってきるので、そうなると終身型医療保険がお勧めです。ただ、保険料は定期型に比べると高い傾向にあります。終身型医療保険にも保険料を支払う期間がそれぞれあります。ある一定年齢で保険料の支払いが終了するタイプと、保険料の支払いも一生涯続くタイプです。どちらがいいかは人それぞれ考え方によって異なるので、なんとも言えません。大事なのは、自分が入ってる医療保険は終身保障なのかどうか、また保険料の支払いはいつまでなのかをきちんと把握しているかどうかです。
PR

夫婦で一緒に入る医療保険

夫婦で入る医療保険というのは、たとえば夫の主契約である生命保険に特約として妻の医療保険に入るケースです。こうすることで、保険料を節約することができるのです。しかし・・・。このケースだと困ったことが起こるかもしれません。夫の主契約の特約として医療保険に加入するということは、夫の主契約が終了すると特約としての医療保険も終了してしまうことがあるのです。また、万が一夫になにかあった場合にも、特約の医療保険がなくなることがあります。さらに、もし離婚することになったらどうなるのでしょう!?

できることなら、医療保険は単体で契約するほうがいいでしょう。長い目で考えることが求められるのが保険というのもです。

医療保険は通販が多いかも。

ココ最近は医療保険に加入する場合は通販で加入する人が多いのではないでしょうか。別に通販でなくてもいけないという理由はなにもありません。ただ単に医療保険は通信販売でも加入できるものが多いということです。
営業の人に直接あってイロイロ相談してから医療保険の契約してる人もたくさんいます。でも営業に会うのが面倒という人がいるのも事実です。また単純に会う時間を作るのが難しいという人もいるかもしれません。そういった方たちには通販で加入できるとういうのは、メリットですね。自分のあいてる時間に検討・契約書に記述して郵送すればOKですからね!!
ただ気をつけたいのは通販だとあくまで自分で内容を理解しなくてはいけません。だから、もし内容の理解に少しでも不安があったら、保険会社のコールセンターで詳しく説明を聞くべきです。なんとなくの理解で契約するのは避けたいものです。

医療保険とがん保険

医療保険に加入していればがんで入院したとしても給付金は支払われます。がんでの入院はがん保険のみということではありません。ここは勘違いしている人もいるかもしれませんのでご注意ください。ではなぜがん保険というのもがあるのか!?
それは、がんの場合治療費が高額になるケースがあるからです。高度な医療の場合健康保険が使えないものもあります。そういった治療をすると自己負担額が相当なものとなってしまいます。そこでがん保険というものが必要になってくるのです。最近のがん保険には一時診断金というものがあります。これはらがんと診断されることで、一時金が給付されるという仕組みになっているのです。この一時金でがんの治療費に充てるということです。
また、医療保険には1入院の限度日数というものが決まっているものが多いです。それに比べてがん保険は1入院の限度がなかったりあっても日数が長いものが多いはずです。

そういったことから医療保険とは別でがん保険に加入している人がいるのです。

入院することになったら。。。

病気で入院することになったら当然ですがお金がかかります。入院するってこは病気かケガで入院することになるんだと思います。そんなときに経済的な不安を抱えることは避けたいものです。病気に打ち勝つためにも経済的な不安がないほうがいいに決まってます。そのためには医療保険に加入しておくことが一番の備えになるのではないでしょうか。
お金が余ってしょうがないという人は別ですが、一般には入院費用だってかなりに痛手になることでしょう。だからこその医療保険なので。これから徐々に医療保険のことをご紹介していきます。
        
  • 1
  • 2
  • 3

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

プロフィール

HN:
mani
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R