忍者ブログ

医療保険マニア

Home > 未選択

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

保険料の支払いも終身タイプ!?

医療保険は終身タイプがいいという意見があります。
もちろんそのほうがいいかもしれません。人は高齢になるほど入院するリスクが高まるからです。では終身医療保険に加入する場合にはどんなタイプがあるのでしょうか?

終身タイプの医療保険でも保険料の支払いに違いがあります。
保険料の支払いも終身というタイプと支払い自体は一定年齢で終了となるタイプです。

保障が続く限り支払いも続くタイプのほうが若いうちの保険料は安くなります。そのぶん高齢になったときもずっと保険料を払い続けなくてはなりません。年金生活になったときでも保険料の支払いが続くのです。逆に保険料の支払いは一定年齢で終了するタイプは、若いうちは保険料の支払いが多くなりますが、年金生活になったときには保障のみが残るということになります。どちらが良いかは人それぞれの考え方によって異なります。よくお考えになって加入してください。
PR

医療保険に入るなら

もし医療保険に入ろうと思うなら、複数の会社の医療保険を比較してみるのがいいのではないかな。たとえばアリコの医療保険やアフラックの医療保険を比較して検討してみるのもいいのではないでしょうか。どちらの会社の医療保険も通販で加入できる医療保険です。資料を請求してよくパンフレットを見ながら自分に合ってそうな医療保険を探せばいいと思う。自分に合ってそうなものが見つかれば書類に記入して郵送で契約できちゃいます。郵送でOKなので、忙しくて営業に会うことができない人でも契約できますね。

ガンに備える

がんといえば、日本人の死因1位となっている怖い病気です。しかし最近では早期発見・早期治療により決して治らない病気ではないといわれています。ガンになって入院したときに経済的な助けとなるのは、ガン保険や医療保険となるでしょう。ガン保険なら診断一時金が支給されるものも多くなっています。ガンとの闘いには気力はもちろんのこと、お金もかかります。ましてや先進医療だとかなり高額になるケースも珍しくないんだとか。。。入院自体は短期化していても退院後の通院でかなりの薬代となることも多いようです。
これらを踏まえてガン保険・医療保険を準備しておきたいですね。

医療保険は掛け捨て!?

医療保険は掛け捨てしかないと思ってる人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。保険会社・医療保険の種類によっては、解約返戻金がかなりたまるタイプの医療保険もあります。しかし、現在テレビCMなどで話題になってる医療保険は掛け捨てタイプが多いように思えます。解約金があるタイプよりも月々の負担が安く済みますので、加入者の負担が少なく感じることが理由だと思います。

解約金があるということは、保険料負担が増えることになります。しかし、払った保険料・保障内容・解約金を細かく計算すると、解約金があるタイプのほうが得になることも十分ありえるんです。長いスパンで考えると解約金のあるタイプが有利になるケースが多くなります。

入院したときにかかる費用

入院したときにかかる費用は、1日あたり平均で1万6000円と言われています。これは平均値なので上下すると思いますが、このくらいの金額はかかるそうです。
入院ということは、手術をすることもあるでしょうから、この程度の金額になってしまうんでしょうね。10日間入院すると、16万かかるということですから、かなりの負担となりますね。なんらかの医療保険に加入しておけば、自己負担が少なくなって経済的には安心できるでしょう。万が一のための保険です。安心を買うと思えば医療保険に払うお金も勿体無いとは思えないのかもしれません。
        
  • 1
  • 2
  • 3

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

プロフィール

HN:
mani
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R